スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっちり優しい甘さの林檎パン

もっちりとした生地はほんのりと林檎の香り、優しい甘さが
うれしい、見た目にも美味しい林檎パンを焼きました♪
林檎パン3

http://www.japan-bread.jp/bread_recipe/temarumepan/24japanese-season-apple-jam-bread.html
101クリエイティブチームのサオリさんから紹介してもらった
このサイトには試してみたいレシピが盛りだくさん!!

もちろん使用したのはレシピ通り「白神こだま酵母」です。
白神こだま酵母

砂糖を使わなくてもほんのりとした甘みが出るという
特徴があるので、思い切って砂糖を使わず、林檎を
煮たときに出るシロップを砂糖代わりに投入!
その分水分量調節してます。今回はちょっと水分量が
多かったので、次回はもうちょっと調節が必要です(笑)

中くらいの大きさのリンゴ1個に砂糖は大匙2。
レモンのしぼり汁を小匙1くらい。酸っぱく感じないくらいかな。
砂糖はもちろん有機きび砂糖!
りんごのシロップ煮1
コトコト弱火で10分くらい煮たら結構シロップが出ます。
このシロップ、林檎のエキスしか入ってないから捨てるの
勿体なすぎる~~!といつものもったいない精神を発揮(笑)
リンゴのシロップ煮2

お砂糖は上白糖でももちろん良いですが、茶色いお砂糖を
お勧めしたいですね。白いお砂糖は体を冷やすと言われています。

三温糖は見た目は茶色いのでブラウンシュガーと間違われ
やすいのですが、グラニュー糖や上白糖を精製した後に残る
糖蜜を煮詰めて作るものなので、白い砂糖に比べてコクは
ありますが、栄養価は変わらないので、やはりこだわって
作られる方にはきび砂糖や甜菜糖、黒糖をお勧めします♪

1次発酵まではホームベーカリーにお任せして、出来上がった生地を
等分したらベンチタイム。
ベンチタイムの後に一つ一つ軽く押し広げて林檎を包みます。
パン生地にリンゴを包む

二次発酵の前にプレッツェルとかぼちゃの種を真ん中にさして
あとはオーブンの発酵モードにお任せ。
ベンチタイム

ホームベーカリーとオーブンがほとんど働いてくれるので
私の仕事は数えるほど。合間に子供と本気の塗り絵を
楽しんでました(笑)大人のぬりえ欲しいんです(笑)

発酵がうまくできたら後は焼くだけ!
林檎パン2

焼きたての林檎のあま~~い香りが部屋中を満たす至福の時♪
林檎パン1

プリッツと、カボチャの種を使うなんて、すごいアイディア!
可愛すぎて即チャレンジしたくなりました(笑)

リンゴパンだけじゃなく、作ってみたいレシピ満載だったから
またいろいろチャレンジしまーす!

scrapbooking101も随時更新中です!
ハロウィンレイアウトのアイディアや、卒業・卒園に向けた
アイディアも更新していますので、ぜひ来てみてくださいね♪

ブログも長らく放置気味でしたが、頑張りまーす(;^ω^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle
2015年国際スクラップブッキング協会(ISA)インストラクター2級取得 明石市在住

puola

Author:puola
kyocoyamamoto
Email:kyoco_yamamon@icloud.com
お仕事のご依頼はメールでお願い致します。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。